巨人・桜井「神様はトイレにいました」 中継ぎから先発入りで大躍進の陰に”トイレ掃除”

5月23日、プロ初勝利の桜井俊貴を祝福する巨人・原辰徳監督(左、カメラ・橋口 真)
5月23日、プロ初勝利の桜井俊貴を祝福する巨人・原辰徳監督(左、カメラ・橋口 真)
闘志むき出しの投球を見せる巨人・桜井俊貴
闘志むき出しの投球を見せる巨人・桜井俊貴

 昨年4月、手にとった単行本を熟読する巨人・桜井俊貴がいた。「なるほど、なるほど」早速、実践してみたのは”トイレ掃除”だった。端から端まで”ピカピカ”になるまで磨いた。すると私生活において「全て調子が良い」そう思うようになった。その後も続けてトイレ掃除を続けると、野球の成績も良くなったのだとか。

 2015年10月、巨人から単独1位指名を受け、立命館大学から入団。翌年、チームの期待を感じながら開幕ローテーション入りを果たした右腕は3月30日のDeNA戦(横浜スタジアム)でプロ初登板初先発を任された。しかし5回に筒香嘉智に投じた一球で右肘の筋が悲鳴をあげた。「パチッと切れた感覚は今でもはっきりと覚えています」5回途中4失点で無念の降板、右腕は腫れ上がり、辛いリハビリ生活が始まった。「プロの怖さを知りました」と涙を流した。

 シーズン前に1軍から遠ざかっていた桜井が「今年はたくさん写真を飾らせて下さい」と自信に満ちた顔で話してきた。その自信はどこから?と聞くと「ある意味開き直りです」ときっぱり。昨年は1軍での登板はなかったが、ファームでの成績が自信に繋がり、今年の活躍になっているようだった。「強気に攻められるようになり、向かって行く姿勢を覚えました」

 キレのある150キロ台のストレートを中心に、カットボール、決め球とも話すカーブをしっかりマスター。緩急をつける投球内容は宮本和知投手総合コーチも絶賛している。最近では桜井に向かい「エース」なんて声をかけるほどだ。「辛い3年間だっただろう、しかしドラフト1位のプライドを捨てず、懸命に練習に励んだ。それは彼の強さになりましたね」体力(スタミナ)も「山口俊にも引けを取らない持ち主です」と話す。

 好調の要因はバッテリーを組む小林誠司捕手も認めた。8月16日の阪神戦(東京ドーム)で自己最多の125球を投げ、6回1/3を6安打1失点の好投で7勝目を挙げた。お立ち台では「自分は全然元気。まだまだ投げられました」と話す余裕すら見せた。”夏が好き”と話す桜井は試合前、選手サロンに用意されたスイカにかぶりつく。「今日もたくさん食べました。力がでるような気がするんですよ」とマウンドに向かい、勝利した。

 今季は12試合に中継ぎで登板、5月23日、プロ初登板で黒星を喫したDeNAを相手にプロ初勝利を挙げた。ウイニングボールを手に原辰徳監督から「おめでとう」と祝福された。

 しかし、悔しい思いもある。4月25日のヤクルト戦(神宮球場)で途中登板。7回2死一塁、ツーストライクまで追い込みながらの6球目、143キロのストレートを3番・山田哲人に2ラン、そして4番・バレンティンにもツーストライクまで追い込みながら2者連続となるソロホームランを浴びた。「何もできなかった」と球場を後にした。

 それでも原辰徳監督は、彼の先発としての力を感じ取っていた。セパ交流戦を前に先発転向をコーチ陣に指示。桜井としても大きなチャンスだった。「貪欲になれ」今年初めに原辰徳監督から掛けられた言葉を思い出した。5年ぶりのリーグ優勝へ向け、ローテーション入りを果たした。

 プロ2度目の先発のマウンドとなる6月6日の楽天戦(楽天生命パーク)では「攻めるぞ、攻めるぞ」口元をグラブで隠し自身に言い聞かせる。マウンド後方や、イニング変わりでのベンチ裏で力まないよう腕を回したり、ジャンプしたりする方法で自身を落ち着かせる。楽天の強打者・ブラッシュと対戦した2回。マウンドで「強気だ」「攻めろ」と自信に言い聞かせる姿はカメラマン席からもわかった。キレのある147キロストレートがブラッシュのインコース高めに決まり、空振り三振に仕留めた。首脳陣も桜井の成長に目を丸くした。「今日はいける」そう思った彼のベストピッチングだった。7回途中まで投げ1失点と好投し先発では初の勝利でプロ2勝目を挙げた。

 満員の東京ドーム、ロジンバッグを手になじませ鬼の形相で投げ込む。鋭い眼光で闘志をむき出しにし、打者と対戦。今の桜井には弱さは見当たらない。掲げた目標は2ケタ勝利。「あと何試合登板できるかわかりませんが、1勝でも多く勝ち星を積み上げ、チームを優勝に導きたいです」と力強く話している。

 次の登板は23日、宿敵DeNA戦(東京ドーム)。攻める姿勢、躍動するピッチングで”リーグ優勝”だ。「神様はトイレにいました」とクールに笑った桜井家に飾られる写真はまだまだ増えることだろう。(記者コラム・橋口 真)

5月23日、プロ初勝利の桜井俊貴を祝福する巨人・原辰徳監督(左、カメラ・橋口 真)
闘志むき出しの投球を見せる巨人・桜井俊貴
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請