【DeNA】天王山は東、石田、今永で3タテ再現ローテだ

天王山に登板する(左から)東、石田、今永
天王山に登板する(左から)東、石田、今永

 DeNAが逆転Vへ向け23日からの巨人戦(東京D)で3タテ再現ローテーションを組む。2日からの本拠3連戦は平良、石田、今永で3連勝。今回は敵地。東京Dで4戦3勝無敗の東から、好調の石田、今永と左腕3人で必勝を期すことが濃厚だ。

 21年ぶりの歓喜をあきらめない。一時は首位・巨人に0・5差まで迫るも、5連敗もあり現在は5差。残り30試合を考えると負けられない。ラミレス監督は、前回の巨人戦で「今季ここまでで一番重要な3連戦」と、ローテを変更しエースの今永を投入した。今回はあえて一度抹消した万全の東を送る。

 2戦目は後半戦から先発に戻り3勝無敗、防御率2・06の石田。3戦目は防御率、奪三振でリーグ2冠の今永だ。広島戦(横浜)での完封勝利から一夜明け、今永は横須賀市内の2軍施設でランニングなどで調整。「勝たないと意味がない。チーム状態もいいし、先発がしっかり投げれば勝てる」と気合十分。20日からの阪神3連戦(京セラD)の結果にもよるが「何とか2ゲーム差にしたい」とチームの思いを代弁。セ・リーグの灯を消すわけにはいかない。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請