【ソフトバンク】救援陣が奮闘し連勝、20日にも優勝マジック「24」点灯

西武に勝利し、タッチを交わすソフトバンク・ナイン
西武に勝利し、タッチを交わすソフトバンク・ナイン
ソフトバンクのマジック点灯条件
ソフトバンクのマジック点灯条件

◆ソフトバンク2―1西武(19日・京セラドーム大阪)

 工藤監督が客席に頭を下げた。今年最後の「鷹の祭典」を白星で飾り、京セラドームを満員にした鷹党と喜びを分かち合った。大事な2位・西武との直接対決を2勝1敗で終え、「常に勝ち越しを目指してやっている」と納得顔。20日に西武が引き分けるか負ければ、いよいよ優勝マジック「24」が点灯する。

 窮地を救援陣が救った。先発の松本が腰の違和感を訴え、3回1失点で降板。2番手の椎野が4~6回を完璧に抑えると、終盤は甲斐野、モイネロとつなぎ、最後は守護神の森が3人斬りで1点のリードを守り切った。

 左膝裏肉離れからの再起を目指す柳田も、20日に1軍に合流する予定。首脳陣が動きを最終確認し、問題がなければ21日のオリックス戦(ヤフオクD)で約4か月ぶりに昇格する見通しだ。「目の前の試合だけを見てやっていく」と指揮官。ラストスパート状態で主砲を迎え入れ、2年ぶりのリーグ制覇へ一気に突っ走る。(小松 真也)

試合詳細
西武に勝利し、タッチを交わすソフトバンク・ナイン
ソフトバンクのマジック点灯条件
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請