履正社のドラフト候補・井上が明石商の中森攻略に闘志「みんな速い投手は得意だと思う」

スポーツ報知
ロングティーを行う履正社・井上広大

 第101回全国高校野球選手権大会準決勝は20日、兵庫・西宮市の甲子園球場で、履正社(大阪)―明石商(兵庫)、中京学院大中京(岐阜)―星稜(石川)の2試合が行われる。履正社は19日、大阪・茨木市内の同校グラウンドで約1時間半、軽めの調整。今秋ドラフト候補の井上広大外野手(3年)は、明石商の最速151キロ右腕・中森俊介投手(2年)の攻略を誓った。

 今大会、井上は打率4割7分1厘、11打点、2本塁打で4番の仕事を果たしている。相手のエースについて「球は速いし、どの球種でもカウントが取れる。打ち崩すのは難しいけど、みんな速い投手は得意だと思う。スキは必ず出てくると思う。つけ込めるようにしていきたい」と、初の決勝進出へ意欲を示した。

 岡田龍生監督(58)は「2年生で、あれだけ放れたら来年は(ドラフト)上位候補。素晴らしい投手。中森君との対戦を楽しんでほしい」と、選手に期待をかけた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×