履正社・井上、4打点で4強「チャンスで集中できている」大会記録の17打点も射程に

6回2死満塁、走者一掃の左越え二塁打を放ち、塁上でガッツポーズする履正社・井上
6回2死満塁、走者一掃の左越え二塁打を放ち、塁上でガッツポーズする履正社・井上

◆第101回全国高校野球選手権大会第12日 ▽準々決勝 履正社7─3関東第一(18日・甲子園)

 またもや4番のバットから快音が響いた。4―3の6回2死満塁、履正社の井上広大が左翼へ走者一掃の二塁打を放った。「満塁でストライクを必ず取りにくると思った。初球から振っていくことを意識した」。初回は中前適時打を放ち、2安打4打点の活躍。絶好調の主砲が引っ張る打線は4試合連続の2ケタ10安打で7得点を挙げ、初の4強入りを決めた。

 17日の高岡商戦は2安打5打点で、今大会は打率4割7分1厘、11打点、2本塁打。2017年の広陵・中村奨成(現広島)が持つ、1大会最多17打点を射程に捉えた。入学時から取り組んでいるビジョントレーニングの成果で選球眼にも磨きがかかり「チャンスで集中できている」と、ドラフト候補が実力を発揮している。

 今大会4試合目でも「体は楽」と、宿舎では美人アロマセラピストやトレーナーの施術を受けている。ケアをしてもらいながら、恋愛話に耳を傾けるのが癒やしの時間だ。岡田龍生監督(58)も「トレーナーに至れり尽くせりしてもらっている」と、感謝した。

 20日の準決勝は、明石商との近畿対決だ。開会式などで相手選手と仲良くなった井上は「向こうのエース(中森)が2年生なので、負けたら情けない。打ち崩せたらいい」と、気合十分。兵庫勢には夏は3連勝中で3勝2敗。昨年の大阪桐蔭に続く、元号またぎの府勢V2に王手をかける。(伊井 亮一)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請