広島・バティスタ出演のプラネタリウム作品が上映中止に…広島市こども文化科学館

「太陽系シリーズを制覇せよ!」のポスター
「太陽系シリーズを制覇せよ!」のポスター

 広島市こども文化科学館(広島市中区)は18日、プロ野球・広島カープのバティスタ内野手(27)ら3選手が出演するプラネタリウム作品「太陽系シリーズを制覇せよ!」の上映を休止した。別の作品に差し替え、上映を続ける。

 同選手は日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング委員会の検査で陽性反応を示し、17日に出場登録を抹消された。同館の担当者は「子供向け施設ということを踏まえ、球団と協議の上、適切ではないと判断し、休止を決めました」と説明。今後の予定については「何らかの形で再開できればと思いますが、現段階で未定です」と話した。

 同作品は7月19日から公開され、12月28日まで上映予定だった。プラネタリウムを宇宙の野球場に見立て、太陽系について学ぶことができる内容で、バティスタ内野手は映像のほか、スペイン語のセリフがあった。ほかに、大瀬良大地投手(28)、松山竜平外野手(33)も出演していた。この日、数人が休止を知らずに、来館したという。同館では代わりに「ぴょん太VS怪盗ハテナマン」を上映している。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請