【阪神】序盤に得点できず巨人戦3連敗 矢野監督「自分を変えるぐらいの気持ちでやっていかないと」

6回1失点ながら8敗目を喫した阪神・西
6回1失点ながら8敗目を喫した阪神・西
ベンチで険しい表情の阪神・矢野監督
ベンチで険しい表情の阪神・矢野監督

◆巨人4―2阪神(17日・東京ドーム)

 阪神は、巨人のドラフト1位左腕・高橋に6回まで無失点に抑えられ、対巨人3連敗。3カードぶりの負け越しが決まり、借金は今季ワーストタイの6に膨らんだ。

 0―4の8回には1死から北條、福留が2者連続弾を放ったが、反撃はそこまで。初回2死満塁のチャンスでは大山が遊直に倒れた。矢野監督は「チャンスで1本出ないというのは変わってないんでね。やっぱり一人一人がそういう自分を変えるぐらいの気持ちでやっていかないと変わらないのでね」と唇をかんだ。

 先発の西は6回7安打1失点と先発の役割を果たしたが、後半戦初黒星となる8敗目。指揮官は「やっぱり打線が(序盤に)点を取れていない部分があるから」とかばった。

6回1失点ながら8敗目を喫した阪神・西
ベンチで険しい表情の阪神・矢野監督
すべての写真を見る 2枚

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請