【広島】バティスタがドーピング検査で陽性反応 出場選手登録を抹消へ

広島・バティスタ
広島・バティスタ

 広島は17日、サビエル・バティスタ外野手(27)がドーピング検査で陽性反応が出たため、出場選手登録を抹消すると発表した。すでに横浜スタジアムに姿はなく、本隊から離れた模様だ。

 バティスタはここまで103試合に出場し、打率2割6分9厘、26本塁打、64打点の成績を残していた。主に4番・鈴木の前の3番を務めてきただけに、チームにとっても大きな痛手だ。

 球団は調査裁定委員会の制裁を待ち、詳細を改めて発表するとしている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請