【オリックス】アルバースが3か月ぶり復帰登板で7回無失点 4月以来の2勝目 

オリックス・アルバース
オリックス・アルバース

◆オリックス2―1ロッテ(16日・京セラドーム大阪)

 頼もしい助っ人が帰ってきた。アルバースが7回無失点で4月16日の日本ハム戦(京セラD)以来の2勝目。最速141キロの直球と抜群の制球でわずか3安打に抑え込んだ。昨年は8月までに9勝を挙げた左腕は「どんな形でもチームに貢献することを考えていたよ」と、10試合ぶりのホームゲームでファンを魅了した。

 新しい投球フォームで快投を見せた。5月に不振で2軍降格すると、昨年発症した腰痛が再発。「楽しい期間はほとんどなかった」とリハビリに3か月を要した。骨盤への負担を減らすため、グラブを前に出して前傾姿勢でセットするフォームから、グラブを体につけて真っすぐ立つフォームに変更し、理想に近づけた。

 8月の先発防御率5・55と苦しむチームにとっては救世主の出現。防御率両リーグトップの山本由伸が11日に左脇腹痛で離脱しており、西村監督は「先発の一員として入ってきてくれたのは大きい」と大歓迎した。(牟禮 聡志)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請