【清水】DF立田悠悟が右サイドバックで札幌戦先発へ…エウシーニョは欠場

右サイドバックで先発の可能性が出てきた清水DF立田
右サイドバックで先発の可能性が出てきた清水DF立田

 J1清水エスパルスは17日に札幌と対戦(午後6時・アイスタ)する。16日は三保で非公開調整した。今節はDFエウシーニョ(29)が内転筋痛で欠場が確実。代わってDF立田悠悟(21)が右サイドバック(SB)で先発する可能性が浮上した。

 篠田善之監督(48)は助っ人について「今週は厳しい」と説明。代役の明言は避けたが、前回エウシーニョが欠場した際に右SBに入った立田に今回も託す可能性が高そうだ。

 「(左SBの松原)后君に上がってもらい自分はカバーする。相手にカウンターをさせないことが肝になる」と背番号2は気合十分だ。リーグで先発なら3試合ぶり。センターバックでフル出場した14日の天皇杯から中2日だが「疲労? 全く問題ない」と言い切った。

 札幌は第3節に敵地で2―5の大敗を喫しており、リベンジの思いもある。「リスク管理をする。DFラインでしっかりしゃべって0で抑えたい」と、今季初の3連勝、3試合連続完封に照準を定めた。DF吉本の加入後はベンチスタートが続いており「危機感、焦りしかない」と口にする。東京五輪まで約1年。定位置奪回を目指す若武者がサイドで存在感を示す。(武藤 瑞基)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請