【仙台】17日ホーム・川崎戦へ新守護神スウォビィク「ビッグチャレンジになる」

味方に指示を出すGKヤクブスウォビィク
味方に指示を出すGKヤクブスウォビィク

 J1ベガルタ仙台は16日、17日のホーム・川崎戦(午後7時、ユアスタ)へ向けて非公開練習で最終調整を進めた。新守護神のGKヤクブスウォビィク(27)は「去年の(Jリーグ)王者との試合は、ビッグチャレンジになると思う。良い準備はできているよ」と気合を入れた。

 今夏新加入のスウォビィクは7月20日のC大阪戦(0△0)でJデビューを果たし、190センチの長身GKは安定したプレーでここまで3戦2失点。失点シーンは、FKからのヘッド、PKからの失点で、流れのなかで許した得点はない。渡辺晋監督(45)は「非常に頼もしい。素晴らしいパフォーマンスを見せてくれている」と絶賛。加入後、すぐさま正GKの信頼を勝ち取ったスウォビィクは、「(Jリーグは)非常にレベルが高い。素晴らしい選手が多く。そのリーグでプレーできていることがうれしい。練習でも、素晴らしいGKコーチのもとで、日々成長できている」と充実感を見せた。

 試合後の18日には母国から最愛の妻と娘も来日予定。一緒に暮らす家の準備も整った。強敵からゴールを守り抜き、家族にも勝利の吉報を届ける。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請