明石商・河野のサヨナラスクイズで8強入り「自信を持って決められる、ここ一番での必殺武器」

8回1死三塁、一ゴロで三塁走者の代走・窪田康太(中央)が同点の生還、ガッツポーズで喜ぶ明石商・狭間善徳監督(右)
8回1死三塁、一ゴロで三塁走者の代走・窪田康太(中央)が同点の生還、ガッツポーズで喜ぶ明石商・狭間善徳監督(右)

◆第101回全国高校野球選手権大会第10日 ▽3回戦 明石商3×―2宇部鴻城(16日・甲子園)=延長10回=

 明石商(兵庫)が、同点の延長10回にサヨナラスクイズを決めて、夏は初のベスト8に進出した。1死満塁で、河野光輝遊撃手(3年)がうまく投手前に転がして、決勝点をつかみ取った。

 初回には先発・杉戸理斗投手(3年)が、宇部鴻城の3番・酒井隼平三塁手(3年)に2ランを浴びて先取点を献上。5回に重宮涼三塁手(3年)がソロを放って1点を返し、8回に清水良二塁手(3年)の一ゴロで同点に追いつき、延長に突入した。先発・杉戸は2回以降を無失点に抑え、10イニングを155球で10安打2失点で完投した。

 サヨナラスクイズを決めた河野は「あの場面でスクイズのサインが出たときに、今までのことを全て思い出した。チームに迷惑をかけていたので、ここで決めるという思いで決められた。春のセンバツでは僕のエラーやバントミスでチームの士気を下げてしまったので、サヨナラスクイズを決められて、本当に良かったです」とホッとした表情だった。

 スクイズは「ずっと練習してきているもの。一番自信を持って決められる、ここ一番での必殺武器」という。次戦に向けて「次も明石商らしい野球を見せて、粘り強く全国の強豪校に勝っていきたい」と鼻息が荒かった。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請