ダチョウ上島・約4年ぶり月9出演 風間俊介のアドリブに「笑いを堪えるのが大変でした」

上島竜兵(左)と平野監督
上島竜兵(左)と平野監督

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(58)が、19日放送のフジテレビ系連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜・後9時)の第6話に出演することになった。約4年ぶりの月9出演となる。 

 上島が演じるのは逮捕されてしまった泥棒役。「落としのクワ」と呼ばれるまでに成長した桑原(風間俊介)から取り調べを受ける。共演した風間について「僕が言うのもなんですが、風間さんはジャニーズの中でも演技派で、アドリブもできるので、とても楽しかったです! 笑いを堪えるのが大変でした」と明かした。

 また「5→9~私に恋したお坊さん~」以来、約4年ぶりの月9ドラマ出演となる今作。前回と同じ監督による現場について、「コメディーシーンを面白く撮ってくださる方なので、今回の現場でも楽しく演じられました。現場のスタッフさんも笑ってくれていたので、良かったです」と感想を述べた。

 同作は2006年から「週刊漫画サンデー」に連載されていた同名漫画が原作。上野樹里が演じるのは新米法医学者の主人公・万木朝顔(まき・あさがお)。朝顔がベテラン刑事の父・平(時任三郎)と様々な遺体の謎を解き明かし、“生きた証”を懸命に見つけ出す姿を描く。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請