大坂なおみ、ニューヨークに凱旋!さらに成熟した姿見せる…8・26全米オープンテニス開幕

写真:Getty Images
写真:Getty Images

 テニスの四大大会今季最終戦、全米オープンテニスは26日から米ニューヨークで行われる。スポーツ報知では開幕前の注目選手を紹介する。第2回は大坂なおみ。

 大坂なおみ(21)=日清食品=がニューヨークに凱旋する。昨年の全米オープンテニスはまさに大坂の、大坂による、大坂のための大会だった。当時の世界ランクは19位。四大大会における位置づけはダークホースに過ぎなかったが、あれよあれよと勝ち上がった。決勝では憧れの元世界女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)を撃破。日本勢初の四大大会シングルス優勝という偉業を成し遂げた。

 持ち前のパワフルなショットに、奔放な言動。そのパーソナリティーでもニューヨークのファンをとりこにした。続く今年1月の全豪でも優勝を果たし、四大大会連覇。世界ランク1位まで上り詰めると、以降はほぼそこを定位置としてきた。

 しかし、世界の頂点に立ちつつも、順風満帆だったとは言い難い。全仏は3回戦で、ウィンブルドンは初戦で姿を消した。苦手のクレーコートや芝を勢いだけでは克服できなかった。よき師としてトップまで導いてくれたサーシャ・バインコーチとも、たもとをわかった。

 急激なランクアップによる周囲の変化、そして重圧の大きさに戸惑ったのが、今ひとつ乗れない最大の原因だったのではないか。6月のネイチャーバレー・クラシックでは試合中、ベンチではなく芝に座り込む場面があった。まるで迷子の子供のようだった。

 だが、得意のハードコートの季節になり、彼女は迷路から抜け出しつつあるようだ。「テニスだけに限らず、心の視野を広げたい」「ハードコートではやるべきことを自動的に分かっている」。コメントには、自然な前向きさが感じられるようになってきた。

 ニューヨークには大坂が真の一流になるための扉があった。そこには、きっと迷路の出口もあるはず。あれから1年たち、力強く、さらに成熟した姿を見せる時が来た。

 ◆26日開幕の全米オープンテニスは、WOWOWで連日独占生中継。大会第1日目は無料放送。詳しくはこちら

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請