勝利者賞は「トヨタランドクルーザープラド」…堀口恭司が8・18「RIZIN.18」に闘志

新幹線で名古屋に向かう堀口恭司
新幹線で名古屋に向かう堀口恭司

 RIZINとベラトールの2団体同時世界王者、総合格闘技の堀口恭司選手が、18日に名古屋のドルフィンズアリーナで行われる「RIZIN.18」に出場するため、15日に現地入りした。

 絶対王者が「マジっすか! 勝つしかない!」と目を見開いたのは、名古屋へと向かう新幹線の車中、スマホゲーム「にゃんこ大戦争」に没頭している時だった。RIZIN事務局から、当日のメインカードの勝利者賞として、冠スポンサーのグッドスピード社より「トヨタランドクルーザープラド」が贈呈されることが決まったとの連絡があった。

 「今年に入ってアメリカで免許を取って、人生初の車を購入したばかりですが、日本に帰ってきた時はいつも親父とか家族、友人に送ってもらっていたので。勝てば、これで練習でも釣りでも、どこでも行けますね」と闘志に火が着いた。

 米フロリダに練習と生活の拠点を置く堀口は7月27日に帰国。翌28日には、さいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN.17」でのベラトール王座獲得報告、ファンサービスイベントに参加した。その後は実家のある群馬・高崎市や、出身道場である「一期倶楽部」(栃木県)を中心に調整してきた。

 6月14日に米ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われたベラトール世界バンタム級タイトルマッチを制して以来、日本での試合は初めて。「名古屋での試合は初めてなので、名古屋のファンの方々にも良い試合を見せたいと思います。皆さんに、総合格闘技好きになってもらえるような試合をしたいと思います」と意気込んでいる。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請