中京学院大中京が44年ぶり8強…前日誕生日の1年生・小田がV打「自分たちの打線は1回始まったらなかなか止まらない」

7回1死一、二塁、勝ち越し適時打を放つ中京学院大中京・小田
7回1死一、二塁、勝ち越し適時打を放つ中京学院大中京・小田

◆第101回全国高校野球選手権大会第10日 ▽3回戦 東海大相模4―9中京学院大中京(16日・甲子園)

 3年ぶり7度目の出場となった中京学院大中京(岐阜)が東海大相模(神奈川)を破って、1975年以来44年ぶり(当時の校名は中京商)となる8強入りを決めた。17安打9得点と、強力打線の東海大相模に打ち勝った。

 見事な集中打だった。2点を追う7回。3連打に4連打と打線がつながって1イニングに8安打を集めて一気に7点を奪って逆転し、試合を決めた。投手陣は不後、村田、元、不後、赤塚とこまめにつないで、強力・東海大相模打線に10安打を浴びながらも4失点で抑えて競り勝った。

 「5番・三塁」で先発した1年生の小田康一郎三塁手は前日が誕生日。1打席目には「ハッピーバースデー」の大合唱が奏でられ「本当に気持ちよかった」と気分は乗った。7回には勝ち越し打を放ち「自分たちの打線は1回始まったらなかなか止まらない」と誇らしそうだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請