仲邑菫初段、浴衣での初対局…囲碁ファンから「かわいい」と歓声

浴衣姿でトークショーに登場した仲邑菫初段と父の信也九段
浴衣姿でトークショーに登場した仲邑菫初段と父の信也九段

 囲碁の史上最年少プロ・仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が15日、大阪市内で開催された「阪急電鉄納涼囲碁まつりin大阪」に藍色の花柄の浴衣姿で登場した。台風10号接近にもかかわらず集まった約300人の熱心な囲碁ファンからは「かわいい」と声が上がった。

 父で師匠の仲邑信也九段(46)とともに参加したトークショーでは「〇×」方式で回答。「3年以内にはタイトルを取っている」には「〇」を掲げて場内を沸かせた。具体的には「女流棋聖」と小声でつぶやき、史上最年少10歳5か月で本戦進出を決めた棋戦に闘志を燃やした。

 親子3代にわたる棋士で今年4月にプロ入りした同期の羽根彩夏初段(17)との記念対局では150手までで白番中押し勝ち。主催側が用意した浴衣での対局は「初めてです」とはにかみ、「(浴衣は)苦しかった?」の問いには、申し訳なさそうにうなずいた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請