篠山竜青「世界驚かせる」バスケW杯壮行会 雨の中ファン100人

W杯を前にファンの子供たちから激励を受けるBリーグ・川崎の篠山(中央左)とファジーカス(同右)
W杯を前にファンの子供たちから激励を受けるBリーグ・川崎の篠山(中央左)とファジーカス(同右)

 31日開幕のW杯(中国)に挑むバスケットボール男子日本代表候補で、川崎ブレイブサンダースに所属する日大出身の篠山竜青(31)とファジーカス・ニック(34)が15日、川崎市内で行われた壮行会に登場。台風10号の影響で猛烈に強い雨が降り続いたが、約100人のファンが集結した。

 本番まであと約2週間となり、12、14日には格上のニュージーランドと強化試合を行い1勝1敗。W杯1次リーグのトルコ、チェコ、世界1位の米国戦に向け総仕上げに入っている。代表で主将も務める篠山は、「チーム力を高める段階に来た。世界を驚かせる」と誓い、ファジーカスは「とてもタフなグループなので、チャレンジしていく。日本を引っ張っていく」と、意気込んだ。

 日本はこれまでW杯で欧州勢から勝利を挙げたことがなく7連敗中。フリオ・ラマス監督も、「欧州勢から1勝」を目標に掲げている。元NBAプレーヤーで、フランスやベルギーなど欧州リーグも経験してきたファジーカスは、「(欧州勢はオールコートを使った)速いバスケではなく、ハーフコートでバスケを展開してくる。(ゴール下のポジションの)自分たちがキーになってくる」と、勝負のポイントを見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請