「欅坂46」平手友梨奈、ツアー途中から復帰の可能性も…右ひじ負傷で出演辞退

平手友梨奈
平手友梨奈

 「欅坂46」の平手友梨奈(18)が活動中に右ひじを負傷し、16日開幕の「全国アリーナツアー2019」の出演を見合わせることが15日、グループの公式サイトで発表された。けがの時期や、細かい箇所などは明かされていない。

 サイトによると「一定期間安静にするように」との診断を受け「万全の状態でダンスパフォーマンスが出来ない状況」だという。ダンスを伴わない活動は無理のない範囲で継続する。

 ツアーは16日に仙台でスタートし、10公演を開催。9月18、19日には追加公演として初の東京ドーム公演を行う。活動再開について「回復の状況と医師の判断に従って決定致します」としており、関係者によると、ツアー途中から復帰する可能性もあるという。

 平手は2017年のNHK紅白歌合戦で過呼吸のような症状で転倒。翌18年1月には上腕三頭筋損傷で全治1か月の診断を受けた。同年9月には公演中に転倒し、ステージから落下。さらに12月には「腰部打撲や左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺(とうしゃく)関節痛」で、大みそかの紅白歌合戦を欠席している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請