タロン・エガートン、映画「ロケットマン」ジャパンプレミアでエルトン・ジョンとの交流明かす

フォトセッションを行うタロン・エガートン(右)とデクスター・フレッチャー監督
フォトセッションを行うタロン・エガートン(右)とデクスター・フレッチャー監督

 俳優のタロン・エガートン(29)、お笑いコンビ「ハリセンボン」、タレントのふかわりょう(44)が15日、都内で映画「ロケットマン」(23日公開、デクスター・フレッチャー監督)のジャパンプレミアと舞台あいさつに出席した。

 日本歴代興収ランキング16位の130・4億円を記録し、世界的にも大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」(2018年)のフレッチャー監督によるミュージカル大作。英歌手エルトン・ジョン(72)の半生を描く。

 今回が初来日となるエガートンは、「東京にはずっと来たかった。この映画は必ず日本の皆さんに気に入ってもらえると確信しています。人間臭さを感じ取って欲しい」と感極まった様子で、集まった約160人のファンからのサインや写真撮影に応じた。

 歌唱シーンはアフレコではなく生歌で収録しており、「エルトン・ジョンと深い友情を作ることが出来た。先日も(エルトンの)家族と過ごして、魔法のような経験をしました」と明かした。

 赤を基調とした衣装と眼鏡で、主人公に寄せた格好をして登場した、スペシャルゲストの「ハリセンボン」の近藤春菜(36)は、「エルトン・ジョンじゃねーよ!」とノリノリでツッコミながらも、「見れば分かりますけど、格好を寄せてきました」と会場を笑わせた。

 「ROCKETMAN」の名義でミュージシャン、DJとしても活動し、今イベントではツイッターのナビゲーターとして登壇したふかわは「僕がここに来て良かったんでしょうか」と謙遜しつつ、「エルトン・ジョンを幼少から聞いていた。ROCKETMANとして活動してきて良かった。(グッズとして)『ROCKETMAN』のタオルも作って良かった」と声援に応えた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請