【北九州】清水FW高橋大悟を育成型期限付きで獲得…恩師小林監督と3年越し再会

高橋大悟
高橋大悟

 J1清水エスパルスは15日、FW高橋大悟(20)がJ3北九州に育成型期限付きで移籍すると発表した。期間は15日から来年1月末までとなる。

 プロ2年間でリーグ戦の出場はなく、ルヴァン杯8試合1得点。高橋は「今のままじゃダメだと思った。もっと成長するために自分を見つめ直したい」と決断の理由を明かした。北九州の指揮を執るのは17年まで清水を率いた小林伸二監督(58)だ。神村学園高3年だった高橋は同年、練習参加した際に同氏の熱心な指導に心酔。複数オファーの中から清水を選んだが、同年オフ、小林監督は退任しており、今回約3年越しに再会する形となった。

 「必要としてくれてありがたい。持っているものを出してJ2昇格の手助けができれば」。北九州はJ3で4位。屋久島出身の若手のホープが“恩師”と二人三脚で飛躍を期す。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請