【中日】右手小指を痛めた高橋が休日返上のマシン打撃 16日のヤクルト戦から復帰

東京移動前に休日返上でマシン打撃を行った中日・高橋
東京移動前に休日返上でマシン打撃を行った中日・高橋

 右手小指靭帯(じんたい)断裂から復帰を目指す中日・高橋周平内野手(25)が15日、ナゴヤ球場で休日返上の打撃練習を行った。室内練習場のマシン打撃を相手に約40分の打ち込み。16日のヤクルト戦(神宮)から復帰予定で、東京に移動した。

 高橋は7月16日の阪神戦(ナゴヤD)で一塁に帰塁した際に負傷。早期復帰のため手術を回避し、保存療法でリハビリを進めてきた。前日(14日)に規定打席不足で打撃成績の一覧から名前が消えたが、打率3割1分9厘は広島・鈴木に次ぐリーグ“隠れ2位”。逆転首位打者獲得の可能性も残っている。

 2軍戦の出場はなかったが、13、14日にナゴヤドームでシート打撃をこなし「もう何ともない。大丈夫です」と手応えを口にしている。借金10の5位に沈む与田竜に、いよいよ主将が帰ってくる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請