廣岡昭典選手「アユ釣り選手権」8年ぶり2度目の頂点「この景色も長らく忘れていた。すごく気持ちいい」

2度目の優勝を果たした廣岡選手
2度目の優勝を果たした廣岡選手
表彰台に上がった(左から)準優勝・大原、優勝・廣岡、3位・辻、大野の4選手
表彰台に上がった(左から)準優勝・大原、優勝・廣岡、3位・辻、大野の4選手
惜しくも準優勝の大原選手
惜しくも準優勝の大原選手

 「第50回報知アユ釣り選手権オーナーカップ」決勝大会は9、10日に岐阜・益田川で開催された。全国8河川で行われた予選を突破した選手と歴代名人、歴代優勝者、シード選手、推薦選手を合わせた110人が出場。廣岡昭典選手(39)=田辺市、龍水会=が42回大会に続き2度目の優勝を飾った。同選手は第50期報知アユ釣り名人位をかけて22日、岐阜・馬瀬川で小澤剛名人(49)に挑戦する。※成績は全てオトリ2尾込み。

 強い気持ちで臨んだ決勝戦。検量で勝利を確認すると、廣岡選手はようやく頬を緩めた。安堵(あんど)の表情にも見えたのはこの試合は絶対落とさないと決めていた意志の表れだろう。数ある大会で思うような戦績を残せず、「ふがいなくて、毎年悔しい思いをした」。ため込んだその悔しさを力へと変え、8年ぶり2度目の優勝を飾った。

 大原選手との決勝戦は午後1時50分、本部前のスポーツ公園橋上下流で行った。下流に入った廣岡選手は石の色や水の流れを確認しながら移動。そして少し波立った平瀬で竿を構えた。するとすぐに試合は動いた。4分後、廣岡選手の竿が大きくしなり1尾目を掛けた。「今大会はどこのエリアでも早々にオトリを替えることができた」とポイントを見極める目もさえた。そこから順調に数を伸ばし、前半で5尾、後半には3尾を追加し決着をつけた。

 廣岡選手は「前回は表彰台でもなんだかよく分からずフワフワした感じだった」と、がむしゃらに釣りに没頭した8年前を振り返った。しかし今回は自身の能力を最大限に発揮。勝ち取った表彰台の頂点にどっしりと両足を据えた。「落ち着いて立っていられた。この景色も長らく忘れていた。すごく気持ちいい」と見せた心からの笑顔に、今大会に懸けた熱い気持ちが伝わってきた。そして名人戦挑戦者に名乗りを上げ「小澤選手と対戦するのが夢だった。それがかなって本当にうれしい。自分の釣りで精いっぱい勝負してみたい」と胸を躍らせた。

 廣岡選手は和歌山・田辺市龍神村に在住。日々、ホームの日高川で腕を磨いている。所属する「龍水会」には第45期名人の松本一平選手を始め、多くのアユ釣り名手が在籍する。その仲間から応援メッセージが届き「すごく大きな力となった」。そして次に狙うは7期ぶりの名人返り咲き。22日、小澤名人と岐阜・馬瀬川での一騎打ちは、昇龍再燃への期待がかかる。

 ◆60歳代の初優勝 大原選手届かず

 初の栄冠まであと一歩。惜しくも準優勝に終わったが、大原孝選手(61)=四国ちろりん会=が強豪相手に大暴れした。1、2回戦ではブロック最高釣果で勝ち上がり、3回戦はプレーオフでの勝利。トーナメント戦でも順調に勝ち進み、大会史上初の60歳代選手権者に王手をかけた。

 決勝戦では前半、勝負のポイントに選んだのはエリア上流のチャラ瀬。「反応があったから折り返し折り返し探ってた」と、攻め続けたが思うように数は伸びず、2尾を追加したのみ。場所交代した下流では、終了間際に連続で2尾を掛ける追撃を見せたが、時間は待ってくれなかった。

 「悔しい。悔しいけど全力を出し切った。全てに悔いはない」と、いごっそうはきっぱり。

2度目の優勝を果たした廣岡選手
表彰台に上がった(左から)準優勝・大原、優勝・廣岡、3位・辻、大野の4選手
惜しくも準優勝の大原選手
すべての写真を見る 3枚

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請