馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

静けさの中で(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、日本列島を襲っている台風10号問題。午前5時から調教が始まった栗東を襲ったのは「雨」ではなく、「風」でした。とにかく、吹き荒れるといった感じ。今日は昨日も書いたように追い切りはほとんど行われず(水曜に前倒しの厩舎が多かった)、スタンドで見かけるジョッキーも数える程度しかいません。しかし、驚いたのが朝一番の丸馬場から和田Jが登場したこと。前日は佐賀の交流重賞に騎乗していたんですが、もう朝の5時から調教に乗っているんです。そして、同じく佐賀で騎乗した松若Jの姿も…。交通機関の乱れで帰りも大変だったはずですが、やっぱり騎手はタフだし、頭が下がる思いです。

 しかし、雨を避けるために重装備でスタンドへ向かったものの、最後は晴れ間も出ているほど。個人的には風があるとはいえ、サウナスーツ状態でした。ただ、雨はここからが本降りらしいので、気を抜いてはいけません。ということで、そろそろ本題へ。今日も栗東でのナマ情報を中心にお伝えしていきましょう。

 まずは、本日の目についた入厩馬。小倉開幕週の新馬を快勝し、小倉2歳Sへの参戦も正式に決まった【カイルアコナ(牝、父キンシャサノキセキ)】が栗東に戻ってきました。このレースには斉藤崇厩舎から【トリプルエース(牡、父Shamarldal)】と【ラウダシオン(牡、父リアルインパクト)】の2頭が参戦。あと、先週のフェニックス賞を勝った【マイネルグリット(牡、父スクリーンヒーロー)】も参戦します。「使った後も変わりませんし、(前走は)適応能力の高さを見せてくれましたね」と吉田調教師は話していました。高野厩舎で新馬を勝った【カーフライターク(牡、父エピファネイア)】は参戦しないようです。

 さて、入厩馬に話を戻しましょう。あと、夏の阪神最終週の新馬で注目を集めていた【リメンバーメモリー(牡、父キズナ)】も栗東に戻ってきたようですね。さらに、矢作厩舎には【コントレイル(牡、父ディープインパクト、母ロードクロサイト)】が初めて栗東に入ってきたようです。

 続いては友道厩舎ですかね。新馬、スポーツ報知杯中京2歳Sを勝った、母アパパネの良血馬【ラインベック(牡、父ディープインパクト)】は東京スポーツ杯2歳Sへ向かうことになりました。ここ2戦はマイルに使われていましたが、「むしろ忙しい印象」と友道調教師は話していましたから、ここは予定通りの距離延長じゃないでしょうか。あと、素質馬ぞろいの新馬を勝った【マイラプソディ(牡、父ハーツクライ)】は野路菊Sへ向かいます。鞍上は引き続き、武豊J。中京での新馬勝ちから野路菊Sといえば、あのワグネリアンと同じ道筋ですね。こちらもスンナリと突破できるか、注目したいところです。その中京の新馬で2着だった【ジュンライトボルト(牡、父キングカメハメハ)】は阪神3週目、芝1800メートルあたりでの復帰を視野に入れているようです。

 そうそう、投票所前で安田助手にも話を聞いたんですが、在厩馬の中でトーンがグッと上がってきたのが【カズプロティオス(牡、父ディープインパクト、母クライシスオブスピリット)】。「切れ味がありそうな感じで、お父さんのいいところを受け継いでいる印象です楽しみですね」とのこと。この馬、池江厩舎のアルジャンナと同じ阪神1週目の芝2000メートルを使う予定なんですが、強力なライバルになるのかな。あと、来週の新潟でデビューする【アドマイヤミモザ(牝、父ハーツクライ、母キラモサ)】も「芝コースに行った、今週がこちらが思っている以上の動き。よかったです」と芝でよさが出てきた印象ですね。

 安田隆厩舎では中京での新馬でラインベックの2着だった【アージオン(牝、父ロードカナロア)】が9月8日の阪神芝マイル、牝馬限定で復帰することになりました。「初戦はよく頑張ってくれました。ただ、体はもう少し増えて欲しいんですけどね」と安田隆調教師は話します。あと、ディープ産駒の【ダノンアレー(牡、父ディープインパクト、母シスタリーラヴ)】は現在、ゲート練習中ですが、「まだ幼いし、ゆっくりやっていきたいですね」とのことでした。

 ということで、今日はここまで。さてさて、栗東から西宮に帰れるのかな。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請