トライアスロン五輪本番で距離短縮も…海水悪臭は「大丈夫」

お台場の観覧車をバックにバイクで力走する高橋(手前)
お台場の観覧車をバックにバイクで力走する高橋(手前)
日本人最上位の23位となり会見する高橋
日本人最上位の23位となり会見する高橋

 東京五輪テスト大会が15日、東京・お台場で行われ、懸念された海水の悪臭について、この日の参加選手から特に不満などは出なかった。

 11日に同所で行われたマラソンスイミングのテスト大会では、海水が「臭い」「トイレの臭いみたい」など顔をしかめる選手が続出していた。この日23位でゴールした高橋侑子(富士通)は「全然大丈夫でした。水温が少し高いくらい」。25位の井出樹里(スポーツクラブNAS)も「全く気にならない」と同調した。

 マラソンスイミング以降に特別な措置を講じたわけではないが、主催者側も「水質が悪化していないことを確認し、安全を確保した上でレースをスタートさせた」とし、問題がなかった点を強調した。

 この日も酷暑が予想されたため、本来10キロで行われる最後の長距離走は5キロに短縮された。国際トライアスロン連合の幹部は五輪本番での短縮の可能性について「答えはシンプルにイエス」とし、「どのような大会でも選手の安全がファースト。4年に一度の一番重要な大会なので、できれば通常の距離で開催したい。もっと早いスタートも考慮に入れたい」と話した。

お台場の観覧車をバックにバイクで力走する高橋(手前)
日本人最上位の23位となり会見する高橋
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請