小池祐貴、9秒98後の初戦へ出発…世界陸上へ上位狙う

 陸上男子100メートルで日本歴代2位タイの9秒98を出した小池祐貴(24)=住友電工=が14日、ダイヤモンドリーグ(DL)バーミンガム大会に向けて羽田空港を出発した。9秒台を出した7月のDLロンドン大会後の初戦。「前回は(最後に)ガス欠になったのでペース配分や接地のズレとかもあったと思う。反省を生かして(決勝で)しっかり真ん中以上の順位でいければ自信を持って世界陸上に臨める」と上位進出を目標に掲げた。

 9秒台の反響もヒシヒシと感じている。7月29日から今月6日まで北海道で合宿したが、事前告知しなかったにもかかわらず、競技場の外には出待ちのファンがいたという。「カメラがめっちゃ来てたのでザワザワして。サインも結構書きましたね。有名人ってこういう気持ちなんだなあ、と」。北海道出身で実家にも帰省。心機一転で次戦に臨む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請