センバツ準V「逆転の習志野」エース・飯塚救援も鶴岡東の勢い止められず…

8回無死、鶴岡東・丸山蓮にソロアーチを許した習志野・飯塚脩人
8回無死、鶴岡東・丸山蓮にソロアーチを許した習志野・飯塚脩人

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5─9鶴岡東(14日・甲子園)

 全国制覇の夢が散った。センバツ準Vの習志野が、2回戦で姿を消した。

 先発左腕・山内翔太が2回途中までに5点を奪われた。後をうけたエース右腕・飯塚脩人も止められず4失点。「絶対に1点もやらないで、チームにいい流れをつくりたかった」と、3回からの5イニングは、この日最速148キロの直球で4者連続を含む5三振を奪うなど1安打に抑えた。だが、8、9回に5番・丸山に2打席連続本塁打を浴びた。「風とかは関係ない。実力不足。相手が上でした」と涙で言葉を詰まらせた。

 「逆転の習志野」とはならなかった。センバツでは3試合の逆転勝利。今大会1回戦も9回に追いつき延長10回で勝ち越す逆転勝ち。この日も7回に2点差に迫り、吹奏楽名物“美爆音”とともに逆転劇の期待に包まれたが、飯塚が力尽きた。

 「粘り強く、誰ひとりとして最後まであきらめない最高のチームでした」。進路については「今は先のことは考えられないが、大学に進学したら野球を続けたい」と言葉を絞り出した。春夏で聖地を沸かせたエース右腕は、次なるステージで輝きを放つ。(奥津 友希乃)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請