鶴岡東・丸山、スタメン唯一の地元山形出身が2打席連続弾で今センバツ準Vの習志野を撃破

9回、本塁打にガッツポーズの丸山
9回、本塁打にガッツポーズの丸山

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5─9鶴岡東(14日・甲子園)

 2回戦の残り3試合が行われ、鶴岡東(山形)が今センバツ準Vで優勝候補の習志野(千葉)を撃破した。春夏通じて初の1大会2勝で4年ぶりに3回戦に進出し、今大会の台風の目に躍り出た。スタメン唯一の地元・山形出身の丸山蓮左翼手(3年)が2打席連発。最速150キロ右腕・飯塚脩人(3年)から8回に左翼席、9回には右翼ポール際に放り込んだ。台風10号の接近に伴い、15日に予定されていた3回戦4試合は中止。16日に順延された。

 高校通算16本目の本塁打が右翼ポール際のスタンドに飛び込んだ。一塁ベースを回った鶴岡東の5番・丸山は右手を握って喜んだ。スタメン唯一の地元出身が人生初の1試合2発。しかも、大会38人目の2打席連続弾。センバツ準Vの習志野を下して、春夏通じて初の1大会2勝を挙げ「素直にうれしい」と照れ笑いを浮かべた。

 右に左に打ち分けた。2点差に迫られた8回の先頭。「追い上げられていたので自分が勢いづけようと思った」と相手のエース右腕・飯塚の内角高めの直球を力で運んだ。「詰まったので、左翼の頭を越えてくれ」と願った打球は、左翼ポール際へのソロとなった。2発目は3点リードの9回2死走者なし。外角高めに反応し「こっすった感じがしたが、風で伸びてくれた」と右に運んだ。

 佐藤俊監督(48)も「まさか2本打つとは。うれしい誤算です」と驚いた。最速140キロを誇る右腕として山形大会はエースナンバー1を背負った。甲子園では背番号7に変わったが「やることは変わらない。勝つために全力を出したい」と意気込んでいた。1回戦の高松商戦(9日)で、自らの誕生日を祝う逆転打を放ったのに続き、この日は3安打2四球で全5打席で出塁した。

 丸山以外のスタメンは県外出身。5人は大阪、兵庫の関西出身選手が占める。丸山は入学当初「関西出身の人と接するのは初めてで遠慮してしまう部分もあった」と気後れしたという。だが「彼らの積極性に触れ、前に出る姿勢を学ぶことができた」と、刺激を受けながら成長してきた。

 鶴岡東は4年ぶりに3回戦に進出。「とにかく好機で1本打つのが自分の役割」。丸山を中心とした打線は、山形勢の甲子園最高成績ベスト4を上回るだけのパワーがある。(中間 卓也)

 ◆丸山 蓮(まるやま・れん)2001年8月9日、山形・鶴岡市生まれ。18歳。小学2年で野球を始め、鶴岡東では1年秋からベンチ入り。山形大会では3戦連続本塁打を放ち、打率は4割6分7厘。183センチ、80キロ。右投右打。家族は両親、兄、妹、祖父母。3つ上の兄・大(亜大3年)は夏の甲子園に主軸打者として出場した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請