カンパチ11キロ ヒラマサ15キロ…伊豆諸島・銭洲

銭洲で上がった11キロのカンパチ(ほうえい丸で)
銭洲で上がった11キロのカンパチ(ほうえい丸で)

 伊豆諸島の神津島から南西へ約36キロの沖合に浮かぶ岩礁群、銭洲。黒潮の通り道になっており、青物をはじめいろいろな魚が釣れる好ポイントになっている。ここに遠征する須崎港のほうえい丸では、ムロアジを使った泳がせ釣りでカンパチやヒラマサが食っている。

 7日には11キロのカンパチと15キロのヒラマサが上がった。12日にはカンパチは11キロを筆頭にトップ6尾。13キロのヒラマサも食ってきた。10キロオーバーの青物でもかなり大きいが、土屋佑二郎船長は「20キロオーバーの青物がいる。餌抜かれやバラシがあるので、チャンスはある」という。

 ほうえい丸では御蔵島遠征も行っており、ここでもヒラマサやカンパチが釣れている。黒潮が流れているとあって本ガツオやキハダが狙える時もある。シマアジやウメイロ、アオダイなども釣れるので、楽しい。まさに魚の宝庫、楽園だ。この夏は一度、魚の楽園で釣ってみるのもいいだろう。

 ◆めも 須崎港ほうえい丸(TEL0558・22・1047)。

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請