【巨人】坂本勇の決勝打で広島戦勝ち越し「勝ててよかったです」

7回無死一塁、坂本勇が決勝の左中間適時二塁打(左は鈴木尚広コーチ)
7回無死一塁、坂本勇が決勝の左中間適時二塁打(左は鈴木尚広コーチ)

◆広島1―7巨人(14日・マツダスタジアム)

 巨人の坂本勇人内野手(30)が、7回に決勝打を放った。

 同点で迎えた7回無死一塁。野村から左中間へ二塁打を放つと、その間に一塁走者の亀井が一気に生還。この一打から終盤に打線がつながり、7~9回に6点を奪い、試合を決めた。

 試合後、坂本勇は「亀井さんが走ってくれたのでね。勝ててよかったです」と笑みを浮かべた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請