【オリックス】5点リードを守れず逆転負け 球団通算5000敗

オリックス・山岡
オリックス・山岡

 ◆西武8―7オリックス(14日・メットライフドーム)

 オリックスは初回の猛攻を生かせず、4連敗となった。初回に5連打を含む6安打で5点を先取。逆転された直後の4回には吉田正の同点適時打などで再びリードを奪った。しかし、1点リードの8回無死一塁で4番手・海田が山川に左越え2ランを被弾し、力尽きた。西村監督は「海田もずっと頑張ってくれている。その中で山川の初球は慎重にいくところだった」と唇をかんだ。

 先発の山岡が5回9安打6失点で降板。3回には打者一巡の猛攻を受けて5失点した。指揮官は「初回に5点を取っただけに3回の山岡があまりに悪すぎた」と残念がった。

 今季56敗目でDeNAに続くプロ野球2球団目の通算5000敗となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請