【阪神】逆転CSへ、3位・広島と4ゲーム差

5回、大山の適時打で生還したマルテ
5回、大山の適時打で生還したマルテ

 阪神が鮮やかな逆転勝ちを収め、9連戦を白星で締めくくった。先発・秋山が4回までに3点を失う展開で、それまで24イニング連続無得点だった打線が奮起。5回2死で代打・木浪の右前打から6連打とつながり、一気に5得点のビッグイニングをつくった。

 同点二塁打のマルテは4番として初打点を記録し、今季初めて5番に入った大山が勝ち越しの2点打。リリーフ陣も完璧に流れを止め、2番手の能見は今季初勝利で09年から11年連続で白星をマークした。残り33試合でCS圏の3位・広島に4ゲーム差。16日から東京Dで首位・巨人と3連戦を迎える矢野監督は「一気につないで、いい形でね。木浪はラッキーボーイ的な存在になってくれた。リリーフはみんな本当に状態がいい。それぞれが、ちゃんとした仕事をしてくれたと思います」と手応えをつかんだ様子だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請