鶴岡東、今春センバツ準Vの習志野を撃破!春夏通じて初の1大会2勝 粘った左腕リレー

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5─9鶴岡東(14日・甲子園)

 2回戦で鶴岡東(山形)は今春センバツ準優勝の習志野(千葉)から2回に先発の影山雄貴(3年)が2点二塁打など6安打を集中させ5点を先制。丸山蓮左翼手(3年)の2打席連続弾が飛び出すなど、9―5で打ち勝ち、春夏通じて初の1大会2勝を飾った。台風10号接近のため、15日の海星(長崎)―八戸学院光星(青森)は16日に順延された。

 甲子園でたくましさを増した左腕2人が、鶴岡東に春夏通じて初の1大会2勝を届けた。2戦連続先発の背番号11・影山は「とにかく腕を振っていこう、腕を振ったら何とかなる」と走者を出しながら粘った。7回1/3を投げて7安打4四死球も4失点。2回に自らの右越え2点二塁打など6安打を集中して奪った5点のリードを生かした投球を見せた。

 8回1死一塁から救援した背番号1・池田康平(3年)は、直後に連打で1失点も、その後を抑えて「丁寧に投げられた。(2勝して)先輩たちの記録を超えられてよかった」。同じ左腕ながら、直球主体の影山、多彩な変化球を駆使する池田とタイプの異なる2人が、1回戦・高松商戦と同じ2試合連続の左腕リレーだ。

 8、9回には5番・丸山が2打席連続弾と投手陣を援護。習志野名物の吹奏楽による応援が何度も鳴り響いたが、「ベンチではすごく聞こえたけど、投げているときは気にならなかった」(影山)と動じず戦った。

 3回戦は関東第一(東東京)と当たる。池田は「国体出場を目標にしているし、(県勢最高の)4強も超えたい」と意欲。影山と池田の2人が投手陣を引っ張り、まずは同校最高成績の8強を目指す。(有吉 広紀)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請