【浦和】両チームでPK弾計3発の熱戦制し、水戸に逆転勝利! 天皇杯2連覇へ4回戦進出

試合後、サポーターの声援に応える浦和・西川周作
試合後、サポーターの声援に応える浦和・西川周作

◆天皇杯▽2回戦 浦和2―1水戸(14日・Ksスタ)

 天皇杯2連覇を狙う浦和はJ2水戸に2―1で勝利し、4回戦進出を決めた。

 10日・札幌戦(1△1、札幌ド)から17日・神戸戦(ノエスタ)まで8日間でアウェー3連戦の過密日程とあり、前試合からGK西川を除くスタメン10人を変更。前半21分、28分と相手右サイドのクロスから立て続けにシュートを浴びたが、西川がビッグセーブを連発して防いだ。

 0―0の後半6分、DF森脇がFWジョーをペナルティーエリア(PA)付近で倒すと、際どい判定でPKを献上。PA外でのファウルと主張する西川の猛抗議も実らず迎えたPKをジョーに決められ、先制を許した。

 それでも、同20分にFWファブリシオがPKを冷静に決めて同点。同36分にはMF関根が倒されて得たPKをファブリシオが逆転勝ゴールを奪った。両チームで計3点のPKゴールが飛び出す異例の一戦を制した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請