マツコ・デラックス、家では全裸生活「大丈夫ですよ、見えてませんから」

マツコ・デラックス
マツコ・デラックス

 タレントのマツコ・デラックスが14日放送のフジテレビ系「志村けんのだいじょうぶだぁ たのしい夏休みスペシャル」(後7時)にゲスト出演。秘められた日常生活を赤裸々に語った。

 マツコがママを務めるバーに、会社帰りの上司・志村けんと部下の磯山さやか、華子、高嶋香帆、加島ちかえが訪れる設定。

 志村とマツコのそれぞれのとある日をボードで紹介。犬の散歩をして、朝風呂に入って健康的な朝食をとる志村に、マツコは「美魔女みたい」と驚く。普段はテレビの収録が多いマツコは「私の主食は楽屋の弁当」だといい、その中でフジテレビの弁当がケータリングで出るので、「一週間で温かいものを食べられるのはフジテレビだけ。ごちそうよ」と絶賛していた。

 さらに番組収録後、反省会と称してスタッフと延々と話し込んでしまうというマツコ。「さみしいんだろうね、家に帰るの」とマツコは嘆く。スタッフがなかなか帰れないところから、事務所の社長が無理やり帰らせているという。

 そして、マツコは家に帰ると「全裸ですごしているだけ」と周りを驚かせた。「バッて会っちゃっても大丈夫ですよ、見えてませんから。埋もれちゃってますから。収納されてますから」と笑いを取ると、「おっぱいの形は大体お相撲さんだと思ってくれればいい」と自分の体型を紹介。ぽっちゃり体系の磯山が「あぁなるほど」と返すと「なるほどじゃないわよ」と鋭いツッコミをすぐさま入れた。

 また、普段は部屋のカーテンを開けないというマツコ。「日光を浴びてちょっと健康的な生活をしてみよう」と思い、カーテンを開けたが、そのまま全裸で寝てしまい、翌日、窓ふきのゴンドラが降りてきて、対応に困ったことがあったという。それからは必ず布団の中で寝ていると明かした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請