【オリックス】連夜の“大荒れ” 4回までに両軍計13得点と点の取り合いに

 ◆西武―オリックス(14日・メットライフドーム)

 5点のリードを逆転されたオリックスが4回に再逆転した。5―6の4回1死二塁で吉田正が同点の右前適時打。さらに1死一、二塁からモヤの二塁へのゴロを外崎が捕球できず、打球は右翼まで達する適時失策となって勝ち越した。吉田正は「体勢は崩されていましたが、いいところに飛んでくれた」と喜んだ。

 初回に6安打で5点を先制したが、先発のエース・山岡が乱調。4点リードの3回に西武打線に打者一巡で攻められ、5失点で逆転を許していた。

 前夜(13日)の同カードでは西武投手陣から4死球を受けて大乱闘に発展。佐竹外野守備走塁コーチが暴力行為で退場となった他、オリックスの田嶋、西武の平良がともに警告試合の宣告後に死球を与えて退場処分を受けていた。前日に続き、この日は点の取り合いで“大荒れ”となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請