【DeNA】浜口、自己ワースト7失点で初回KO

初回に7失点した浜口
初回に7失点した浜口

◆ヤクルト―DeNA(14日・神宮)

 DeNA・浜口遥大投手(24)がプロ3年目で自己ワーストの7失点し初回で降板した。

 初回、連続四死球から山田哲に3ランを被弾。1死後、3本の単打の後、大引に3ランを許した。

 登板前日は「一発を打てる打者が多いので走者をためないように」と話していたが、ヤクルト打線につかまってしまった。プロ入り後負けなしと相性のよかった神宮だったが1回、5安打7失点で降板した。

 2番手には斎藤が上がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請