淀川、6回コールド負けも2番手・鈴平が奮投…第12回京都ジュニア大会

好投した淀川の2番手・鈴平
好投した淀川の2番手・鈴平

◆第12回京都ジュニア大会 ◇中学生ジュニアの部▽1回戦 名古屋緑ボーイズ7―0淀川ボーイズ=6回コールド=(12日・太陽ヶ丘球場ほか)

 6回コールド負けも、淀川は2番手の鈴平が奮闘した。4回から登板し「コントロールが良かった。打たせてとることを考えた」と3イニングを2安打1失点に抑えた。

 序盤は先発・西田がつかまり、初回に3点を先行されると、3回にも先頭打者の四球から3点を失った。打線も2回2死満塁のチャンスをつくったものの、あと一本がでなかった。相手の名古屋緑打線について鈴平は「甘く入ると打たれる」。味方打線の援護なく最後は力尽きたが、走者を出しても得点を与えない粘り強いピッチングが光った。

 現在2年生は24選手が在籍。チーム内の競争は激しい。それでも「強いピッチングができるように」とチューブトレなどで体幹強化に努めているという鈴平。チームとともに成長を続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請