初出場の西岡山、5回コールドで初戦突破…第39回京都大会

西岡山は3回、内野ゴロで三塁走者の三村が生還し、勝ち越す
西岡山は3回、内野ゴロで三塁走者の三村が生還し、勝ち越す

◆第39回京都大会 ◇中学生の部▽1回戦 西岡山ボーイズ9―2和歌山湯浅・西部合同ボーイズ=5回コールド=(12日・太陽ヶ丘球場ほか)

 「第39回京都大会」が開幕し、中学生の部では大会初出場の西岡山ボーイズ(岡山県支部)が5回コールド発進を決めた。

 大会初出場の西岡山が5回コールド勝ちで初戦突破を果たした。2回に藤田が先制の2点適時打。3回に追いつかれたものの、その裏、相手のミスをつき、ノーヒットで3点を勝ち越すと、4回には1死満塁から小林璃が走者一掃三塁打を放つなど4点を追加。勝負を決めた。

 2回まで無失点に抑えた先発・喜友名だったが、3回は「ワンバウンドになった」と制球を乱し、暴投などで2失点。それでも4回以降は本来のピッチングを取り戻した。前の大会で逆転負けを喫したという女房役の三村主将は「逆転されないように、最後まで気を抜かないようにした」と、ピンチの場面ではマウンドに出向き、冗談で喜友名をリラックスさせる好リードも披露。「2年生とできる最後の大会。1番上までいきたい」と意気込みを見せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請