【広島】モンティージャ、17日のDeNA戦で2度目の先発濃厚

広島・モンティージャ
広島・モンティージャ

 広島のエマイリン・モンティージャ投手(23)が17日のDeNA戦(横浜)で来日2度目の先発をする可能性が濃厚になった。この日、マツダスタジアムで1軍練習に合流。キャッチボールなどの調整を終えて取材に応じ「1軍に呼ばれてうれしい。よかった」と、あどけない顔をクシャクシャにした。

 先月10日に育成から支配下登録され、同30日の巨人戦(東京D)で初登板初先発したが、3回途中3失点で初黒星を喫した。翌日に出場選手登録を抹消され「右打者の内角への直球とカットボールを意識して練習した」と、デビュー戦では不発に終わったクロスファイアーを磨き上げたと胸を張った。

 不調の床田、アドゥワは2軍落ち。ドミニカン左腕に救世主に役割が期待される。佐々岡投手コーチは「先発の枠が空いている中で、前回の巨人戦の後、課題を与えていた。(その課題をクリアしたので)期待するのもがある。チャンスが来たということです」とハッパをかけた。

 外国人枠は先発左腕のジョンソンが不動。残りの3枠を、救援左腕のレグナルト、長距離砲のバティスタとメヒア、そしてモンティージャ、さらには2軍調整中の救援左腕・フランスアの5人で争うことになる。「僕にとってチャンス。頑張るよ」と語気を強めたモンティージャが、逆転Vを狙うチームを奮い立たせる存在になるか。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請