センバツ準Vの習志野が2回戦敗退…指揮官は完敗認める「鶴岡東さんの打力が上回った」

鶴岡東に敗れて肩を落とす習志野ナイン(カメラ・義村 治子)
鶴岡東に敗れて肩を落とす習志野ナイン(カメラ・義村 治子)

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5―9鶴岡東(14日・甲子園)

 今春のセンバツで準優勝に輝いた習志野(千葉)が、鶴岡東(山形)に敗れて、2回戦で敗退した。

 2回に5点を先制されると、7回には一時2点差まで迫るも、8回に3点を奪われて追いつくことは出来なかった。

 小林監督は「うちのピッチャーが悪いというよりは、鶴岡東さんのバッターがキチンと狙い球を絞って、ミスショットがなかった。140キロを超えるボールを捉えられている鶴岡東さんの打力が上回った。狙ったボールが来ているのに、力んで打ててないうちは力の差なのかな。先取点は痛かったけど、それ以上に力が違った」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請