鶴岡東がセンバツ準Vの習志野破る 佐藤監督「うまく打線が線となって」「うれしい誤算」

2回1死一、三塁、鶴岡東・山路将太郎は先制となる右前適時打を放つ(カメラ・義村 治子)
2回1死一、三塁、鶴岡東・山路将太郎は先制となる右前適時打を放つ(カメラ・義村 治子)

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5―9鶴岡東(14日・甲子園)

 鶴岡東(山形)が、12安打9得点の猛打で、センバツ準優勝の習志野(千葉)を破る、金星を奪った。

 鶴岡東は2回に山路将太郎二塁手(2年)の右前適時打で先取点を奪うと、影山雄貴投手(3年)の右越え2点適時二塁打などで一気に5点を先制。7回には一時2点差まで迫られたが、8回に丸山蓮左翼手(3年)がソロ本塁打と、河野宏貴遊撃手(3年)の左越え2点適時二塁打で3点を追加し、9回には丸山の2打席連続弾で点差を広げた。投げては先発左腕の影山雄貴投手(3年)が8回途中4失点で試合を作り、背番号「1」の池田康平投手(3年)が締めくくった。試合後の佐藤監督の一問一答は以下の通り。

 ―打ち勝っての3回戦進出

 「予想以上に点が入ったので、選手はよく頑張ってくれたなと思います。前半は捉えられないのかなと思っていたら、2回に打線がつながって5点入って、逆にそのままでは終わらないんだろうなと思ってやっていたんですけど、うまく打線が線となってつながったなと言う印象ですね」

 ―山内攻略は

 「各自に甘い球をしっかり積極的に行くようにと言う話しかしていないです。打席の中で選手の感覚、感じたタイミングで思い切り行ってくれた」

 ―8回の3点は大きかった

 「チャンスとピンチは同じようにやってくるかなと思ってやっていたので、その中で丸山は落ち着いてやってくれたなと思います」

 ―丸山は2打席連続弾を放った

 「ビックリしました。今日はよく当たっていました。体調も良くバットは振れているなと思っていましたけど、まさか2本も打つとはうれしい誤算です」

 ―守備もよく守った

 「本当はアウトを取ることに集中してという話をしていたので、1人1人が取れるアウトを確実に取っていこうということを積み重ねた結果だと思います」

 ―雨風も強かったが

 「緊張している選手もいるかもしれないけど、落ち着いている雰囲気を出してやるように言いました」

 ―次戦へ

 「試合開始時間に合わせてしっかり準備して落ち着いて戦ってくれるように手助けをして、背中を押したいなと思います」

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請