鶴岡東が金星! センバツ準Vの習志野から丸山が2打席連続弾「素直にうれしい」「目標は国体出場」

習志野に勝利した鶴岡東ナインは、笑顔でアルプススタンドへ向かって駆け出す(カメラ・義村 治子)
習志野に勝利した鶴岡東ナインは、笑顔でアルプススタンドへ向かって駆け出す(カメラ・義村 治子)

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 鶴岡東9―5習志野(14日・甲子園)

 鶴岡東(山形)が、12安打9得点の猛打で、センバツ準優勝の習志野(千葉)を破る、金星を奪った。

 鶴岡東は2回に山路将太郎二塁手(2年)の右前適時打で先取点を奪うと、影山雄貴投手(3年)の右越え2点適時二塁打などで一気に5点を先制。7回には一時2点差まで迫られたが、8回に丸山蓮左翼手(3年)がソロ本塁打と、河野宏貴遊撃手(3年)の左越え2点適時二塁打で3点を追加し、9回には丸山の2打席連続弾で点差を広げた。投げては先発左腕の影山雄貴投手(3年)が8回途中4失点で試合を作り、背番号「1」の池田康平投手(3年)が締めくくった。

 自身初の2打席連続本塁打を放つなど3打数3安打2打点だった丸山は「打てて良かったです。素直にうれしい気持ちです。あまり実感は沸かないので、これから次の準備をしたいです」と喜びながらも、次戦へ向けて気を引き締め直していた。

 「目標は国体出場」と言い、12チームが出場できる秋のいきいき茨城ゆめ国体を視野に入れながら「そこを目指して行きたい」と意気込んでいた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請