センバツ準Vの習志野が散る “美爆音”応援も実らず…鶴岡東は春夏7度目で初の1大会2勝

2回途中でマウンドを降りる習志野・山内翔太(右は飯塚脩人、カメラ・石田 順平)
2回途中でマウンドを降りる習志野・山内翔太(右は飯塚脩人、カメラ・石田 順平)

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野5―9鶴岡東(14日・甲子園)

 今春のセンバツで準優勝に輝いた習志野(千葉)が、鶴岡東(山形)に敗れて、2回戦で敗退した。

 両軍無得点の2回。習志野は、先発した背番号「10」の左腕・山内翔太投手(2年)が鶴岡東打線につかまった。山路将太郎二塁手(2年)の右前適時打で先取点を許すと、影山雄貴投手(3年)にも右越え2点適時二塁打などを浴びて5失点。このイニング途中から背番号「1」の飯塚脩人投手(3年)がマウンドに上がった。

 センバツで3試合に逆転勝ちし、今大会の1回戦・沖縄尚学戦でも逆転勝ちした習志野は、5点差から徐々に詰め寄った。4回には高橋雅也右翼手(2年)、兼子将太朗捕手(3年)の適時打で2点を返し、7回にも小沢拓海二塁手(2年)の中犠飛で1点を奪って、一時は2点差に詰め寄った。

 だが、8回に鶴岡東は丸山蓮左翼手(3年)がソロ本塁打を放つと、2死一、二塁から河野宏貴遊撃手(3年)の左越え2点適時二塁打が出て点差を広げた。習志野は8回に兼子将太朗捕手(3年)の2点適時打で食らいついたが、9回に鶴岡東・丸山に2打席連続弾を浴びるなど、あと一歩及ばなかった。

 習志野は一塁側アルプスからの“美爆音”の応援も実らず追いつくことが出来ず。鶴岡東は春夏通して7度目の出場で初めて1大会で2勝を挙げた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請