センバツ準Vの習志野が鶴岡東に5点の先取点許す…逆転の習志野なるか

◆第101回全国高校野球選手権大会第9日 ▽2回戦 習志野―鶴岡東(14日・甲子園)

 今春のセンバツで準優勝に輝いた習志野(千葉)が、2回に5点の先取点を許した。

 両軍無得点の2回1死から鶴岡東の丸山蓮左翼手(3年)が四球で出塁。森弦起一塁手(3年)が右前安打で続いて1死一、三塁のチャンスを作ると、山路将太郎二塁手(2年)の右前適時打で先取点を奪った。さらに2死一、二塁から先発左腕の影山雄貴投手(3年)が右越え適時二塁打を放って2点を追加。河野宏貴遊撃手(3年)の左前適時打、河野宏貴中堅手(3年)も中前適時打で続いた。

 一挙5得点で、習志野は早くも先発左腕・山内翔太投手(2年)からエースナンバーを背負う飯塚脩人投手(3年)にスイッチした。

 習志野はセンバツで3試合に逆転勝ち。今大会も9日の1回戦・沖縄尚学戦で9回1死から追いついて延長10回に勝ち越す逆転勝ちで2回戦に駒を進めていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請