【阪神】20イニング無得点…今季初0―0ドロー

5回2死一、二塁、遊飛に倒れたマルテ
5回2死一、二塁、遊飛に倒れたマルテ

◆中日0―0阪神=延長12回規定により引き分け=(13日・ナゴヤドーム)

 本塁どころか三塁も踏めず、今季初の0―0で引き分けた。走者は出したが、3併殺が響いて、これで20イニング無得点。「誰かのせいっていうことではないというか、チームとしての責任っていうかね」。矢野監督は選手を責めることはなかったが、手痛い今季6度目のドローとなった。

 チャンスはつくるが決められない。特に、大山の代役・4番のマルテが不発だった。5回2死一、二塁で遊飛に倒れると、7回1死一、二塁では投ゴロ併殺打で、4打数無安打に終わった。「もちろん打ちたい気持ちはいつもある」とマルテは力を込めたが、指揮官は「もちろん決めてほしいし、そのために来てもらってる」と奮起を促した。

 藤原オーナーが敵地に駆けつけたが、3位・広島がサヨナラ勝ちして5ゲーム差。残り34試合となって、逆転CSへ厳しい戦いが続く。(嶋田 直人)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請