楢崎智亜、別格!2度目金メダル 決勝唯一の2完登「自信があった」

男子ボルダリング決勝の第3課題を完登してガッツポーズする楢崎智亜(カメラ・矢口 亨)
男子ボルダリング決勝の第3課題を完登してガッツポーズする楢崎智亜(カメラ・矢口 亨)
表彰式で笑顔を見せる(左から)2位のヤコブ・シューベルト、1位の楢崎智亜、3位のヤニック・フロヘ
表彰式で笑顔を見せる(左から)2位のヤコブ・シューベルト、1位の楢崎智亜、3位のヤニック・フロヘ

◆スポーツクライミング世界選手権第3日(13日、東京・エスフォルタアリーナ八王子)

 男女のボルダリング決勝が行われ、男子のエース・楢崎智亜(23)が2016年パリ大会以来2度目の金メダルを獲得した。女子は第一人者の野口啓代(30)=ともにTEAM au=が2大会連続の銀メダルを獲得し、日本勢最多5度目の表彰台。20年東京五輪代表は複合決勝(女子20日、男子21日)で決まる。

 全4コースに難関課題が並んだ決勝で唯一、2完登した楢崎智が世界一に輝いた。三日月形の複雑なホールドが並んだ1課題目を攻略すると、ライバルたちが大きな円のホールドに苦戦した3課題目も軽い身のこなしでクリア。「自信があった。これで(優勝が)決まったな」と確信し、静かにガッツポーズ。全課題で楢崎智以外の完登者が出ず、別格の強さを見せたが、「うれしいけど複合がメインなのでまだ喜べない」と表情が緩むことはなかった。

 2016年にボルダリングW杯で年間王者に輝き、同年の世界選手権も制した。その後は世界一の座から離れたが、五輪1年前となった今季、2度目のW杯年間王者を獲得し、再び世界トップに駆け上がった。大きな変化は「安定感」で、「実力がついてきている証拠」とうなずく。

 進化の要因の一つがメンタル面の向上。書店でピンと来た本も読むようになった。ある本に書かれた「知識より想像力は勝る」という言葉が印象に残った。「知識には限界があるけど、想像力には限界がない。想像力って自分のクライミングスタイルにおいてかなり大事にしている。自分でその課題に対して限界を決めつけていた。そこを取り払おうと思った」。勝利よりも「自分のベストを出す」ことを優先するようになると、結果につながった。

 弟・明智(めいち、20)は準決勝で敗退したが、東京五輪は兄弟出場を目指す。神経質な弟とは性格も正反対。最近は一緒に練習して高め合う。ともにいろんなタイプの課題を数多く登り「同じことをずっとしてたら慣れてくる。それでいろんな動きができるようになる」と体に課題を染みこませてきた。

 五輪代表が決まる複合に向け、勢いは加速。大会前に「僕は代表権を取りにいくというより世界一を狙う」と宣言した日本のエースは、頂点しか見えていない。(小林 玲花)

 ◆スポーツクライミング東京五輪への道 各国最大で男女2人ずつが出場できる。開催中の世界選手権の最終種目で、ボルダリング、リード、スピードの3種目で競う複合の7位以内の日本人最上位者が代表に決まり、次は11月の五輪予選大会(28日~12月1日、フランス)、20年4月のアジア選手権盛岡大会(27日~5月3日)が選考大会に。有資格者が2人に満たないか3人を超えた場合は、同年5月の複合ジャパンカップ(16~17日、開催地未定)で残り1枠を争う。

 ◆楢崎 智亜(ならさき・ともあ)1996年6月22日、栃木県生まれ。23歳。小学5年で競技を始める。W杯は2012年から出場。ボルダリングでは16年にW杯総合優勝と世界選手権制覇の2冠。五輪で実施される複合は、5月のジャパンカップで2連覇を果たした。弟・明智も日本代表。170センチ、60キロ。

男子ボルダリング決勝の第3課題を完登してガッツポーズする楢崎智亜(カメラ・矢口 亨)
表彰式で笑顔を見せる(左から)2位のヤコブ・シューベルト、1位の楢崎智亜、3位のヤニック・フロヘ
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請