【阪神】今季初の0―0ドロー 青柳8回途中0封も援護なく矢野監督「チームとしての責任」

8回途中無失点と好投した青柳
8回途中無失点と好投した青柳

◆中日0―0阪神=延長12回=(13日・ナゴヤD)

 阪神は8安打を放ったが、3併殺も響いて無得点。三塁も踏めず今季初の0―0ドローに終わった。

 先発の青柳は8回途中無失点の好投も6勝目ならず。それでも「丁寧に投げられた。今日のような投球をできれば」と手応えを口にした。

 矢野監督は「申し分なかった。安心してほしくないけど、ちょっとよくないピッチングが続いてたんでね」と変速右腕の快投に満足げ。ただ、打線については「チームとしての責任っていうかね」と険しい表情だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請