【湘南】FW梅崎「こんな状況で試合ができるのか」…曹監督パワハラ疑惑

平塚市内で練習をした湘南・梅崎
平塚市内で練習をした湘南・梅崎

 曹監督のパワハラ疑惑に揺れる湘南イレブンは13日、平塚市内で練習を行った。12日がオフだったため、この日は問題発覚後初の練習。急きょ非公開に変更された中、報道陣約20人が集まった。練習前には真壁潔会長、水谷尚人社長らが選手・スタッフらに経緯などを説明。グラウンドでは高橋コーチを中心に約1時間半汗を流した。

 クラブ側が選手にかん口令を敷くなどピリピリしたムードの中、元日本代表FW梅崎は「何でこんなふうになったのか分からない部分も多い。正直こんな状況で試合ができるのかなというところはある」と不安を吐露。一方、U―20日本代表MF斉藤は「試合はやってくるので、僕たちがやるべきことはサッカーをすること。それが仕事。覚悟はできている」と強調した。

 真壁会長はこの日、曹監督とのやり取りなどについて報道陣に問われ、「Jリーグの管理下にあるので、答えられない」とした。次戦の17日・鳥栖戦(BMWス)は高橋コーチが指揮し、監督不在で臨むが、日本代表DF杉岡は「やることは変わらない」、GK秋元も「試合も近いので、それ以外は考えてない」。目の前の試合に集中する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請