【オリックス】死球を巡って大乱闘、両軍で3人の退場者が出て西村監督「当てられすぎ」

4回2死満塁、若月が死球を受けマウンドに両軍ナインが集まる
4回2死満塁、若月が死球を受けマウンドに両軍ナインが集まる

 ◆西武11―4オリックス(13日・メットライフドーム)

 オリックスは西武投手陣から4死球を受けて大乱闘に発展した。4回2死満塁。西武の森脇から若月がこの日、チーム3つ目の死球を受けると両軍がベンチを飛び出した。佐竹外野守備走塁コーチが森脇をこづいて両軍入り乱れる乱闘に。佐竹コーチが退場となり、警告試合が宣告された。後味の悪い敗戦に西村監督は「当てられすぎというところ」と表情を曇らせた。

 初回に福田、3回2死で後藤が四球を受けていた。佐竹コーチは「申し訳ない。あれだけ当てられているので選手を守っていかないと、けがをされたら困るので」と説明した。警告試合となった4回2死一、二塁では田嶋が森に死球を与えて即退場。9回2死満塁では福田が死球を受け、西武・平良が退場に。両チーム合わせて5死球、3人の退場者を出した大荒れの試合となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請